TOP > 育児

快適な長旅を part3

飛行機や新幹線などの座席でベッドになるキャリーバッグ

【名前】
jetkids BedBox(ベッドボックス)



《料金目安》¥ 21,059 程度

【説明】
 くつろげるスペースを作れるキャリーバッグです。重さおよそ35kgまで耐えられ、子供を乗せて引っ張て運べます。フタを外してひっくり返し、電車などのシートと同じ高さに調節して付属のシートでつなげれば、簡易ベッドとして子供を寝かせることができます。もちろん中には荷物を入れることができます。


【私的評価】
《時短効果》対象外
・特に時間を短縮する働きはありません

《節約効果》対象外
・特に節約に対する作用はありません

《携帯性》
・普通のキャリーバッグと変わりありません

《デザイン》
・高さの調節が自在です

《総合評価》
・子供が小さいほど休憩が大事です


【問い合わせ先】
株式会社スマートトレーディング 0940-72-5509

子どもと移動 快適に part3

自動用の子どもモニター

【名前】
自動用 チャイルドモニター



《料金目安》¥ 29,800 程度

【説明】
 の運転中に子供の様子を確認できるカメラとモニターのセットです。子供がよく映る位置にカメラを取り付け、モニターをダッシュボード上に設置します。これで運転中でも子供の様子が確認できて安心です。トンネルに入って周囲が暗くなっても、暗視モードに切り替わるので安心して見守れます。


【私的評価】
《時短効果》
・視線をずらすだけで子供の様子を確認できます

《節約効果》対象外
・特に節約に対する作用はありません

《携帯性》
・比較的取り付けの自由度が高いです

《デザイン》
・暗視モードもあるのでいつでもクリアに見えます

《総合評価》
・いつでも確認できるという安心感があります


【問い合わせ先】
ポップニート株式会社 pn-info@popneat.co.jp

形を変えて使えます part1

6種類の赤ちゃん用品になります

【名前】
お昼ね布団にもなるクーファン



《料金目安》¥ 19,224 程度

【説明】
 いろんな用途に使えるベビー用品です。四方を囲えばお昼寝スペースとして使えます。足元を広げるとおむつ替えがしやすくなります。横を広げると添い寝ができます。すべて展開すると遊べるスペースになります。また、ベルトが付いているので、たたんでバッグのように持ち運ぶこともできます。


【私的評価】
《時短効果》
・ボタンを外すだけで簡単に展開できます

《節約効果》
・これ一つで多用途に使えます

《携帯性》
・バッグになるので持ち運びやすいです

《デザイン》
・柄は複数のバリエーションがあります

《総合評価》
・お出かけに一つあると便利かも


【問い合わせ先】
株式会社フジキ 052-355-0082

形を変えて使えます part2

三輪車に変形するベビーカー

【名前】
Strolly Compact( ストローリー コンパクト)


《料金目安》¥ 21,600 程度

【説明】
 三輪車にもなるベビーカーです。フードと背もたれを付け替えれば簡単にベビーから三輪車に変身させることができます。赤ちゃんから幼児まで長く使うことができます。補助ハンドルをつければ、後方から大人買い前輪の操作をできるので安心です。


【私的評価】
《時短効果》
・カンタンに変身させられます

《節約効果》
・長く利用できます

《携帯性》
・普通のベビーカーのようにたたむのは難しいかも

《デザイン》
・だいぶ三輪車寄りのデザインです

《総合評価》
・ベビーカーとしては不便なこともあるかも


【問い合わせ先】
Y・ボリューション ジャパン株式会社 0120-111-251

夏のお出かけ 快適に part1

ベビーカーの座面がひんやりするクッション

【名前】
カンガルーの保冷・保温やわらかシート



《料金目安》¥ 2,484 程度

【説明】
 ベビーカーに取り付ける保冷剤入りのパッドです。あらかじめ冷凍庫で冷やしておいたジェルをポケットに入れておけば、炎天下のお出かけも赤ちゃんが快適に過ごせます。ジェルと赤ちゃんの間にはウレタン素材があり、体が冷えすぎないように適度に冷気が伝わります。また、ジェルを電子レンジで加熱することで保温剤として使うことができ、寒い日のお出かけにも使えます。


【私的評価】
《時短効果》
・あらかじめ冷却しておく必要があります

《節約効果》対象外
・特に節約に対する作用はありません

《携帯性》
・ベビーカーに取り付けても重さにはほとんど影響ありません

《デザイン》
・適度に冷気が伝わるように工夫されています

《総合評価》
・冷温両方使えるのが嬉しいです


【問い合わせ先】
丹平製薬株式会社 0120-500-461 (携帯電話からは 072-641-7412)